スポンサーサイト
  • --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都旅行1日目
  • 2008-11-05

今日は10月17日からの京都旅行のことを書きます

10月17日~2日間、旦那様と京都旅行に行ってきました!旅行といっても、旦那さんが会社のセミナーで京都へ来てたので、そのまま帰るのももったいないし、それで私が京都まで来て二人で遊んで帰ろうかということになりました

京都に着いた私は、まずは京都駅前をウロウロとし、旦那さんのセミナーが終わるころを見計らって、セミナーが行われている京都御所の近辺までいって、終わるのを待ってました!

合流するとまずはじめにむかったところは、京都御所ここはNHK篤姫の中で度々でてくるので行ってみたかったんだぁ~

京都御所

京都御所

暗かったのであんましいい写真じゃないけど・・・

 

蛤御門

 

 

蛤

 

 上の写真は蛤御門の弾痕の写真です。

京都御所の西側の門のひとつ蛤御門は、元々は開かずの門でした。しかし、1708年の宝永の大火により、開閉されたことから焼けて口を開ける蛤にたとえられたことからそう呼ばれることになったみたいです。
元治元年(1864年)7月に起きた禁門の変(蛤御門の変)で、長州軍は御所を守る薩摩、会津軍と蛤御門の辺りで激戦を交わし、長州軍が敗北します。
この戦いで京都の市街地の半分が消失したといわれています。
禁門の変が蛤御門の変と呼ばれるのは、この門の辺りが激戦区であったためで、今でも長州軍の弾痕が門に残っているらしい。

この蛤御門はNHK篤姫の最後に紹介されたところだったから、行ってみたかったんですよね~見れてよかった~

京都御所の敷地内は広く、しかも暗くてあんまし何も見えないので、御所をでてご飯を食べに行くことにしました!

ご飯は祇園の辺りで食べることになり、石塀小路にある『豆ちゃ』というお店に行くことにしました食べることに夢中になり写真は撮っていないです(笑)

このお店は、店員さんは親切だし、美味しいし、サービスしてくれるし、私の中でかなりいいお店でした

お店を出ると店員さんは私たちの姿が消えるまで見送ってくれました

 

DSCN0401_ed.jpg

 

 

石塀小路

 

写真は石塀小路を歩く旦那さんです食事も美味しかったので超ご機嫌ですそれにしてもこの辺りはこんな路が続いているんですよ。なんか京都を感じさせてくれる写真です

旅行1日目は料理が美味しかったので、なんだか出だし好調です

 

   

コメントの投稿

非公開コメント

Re:京都旅行1日目(11/05)

京都いいなぁ(>_<)
なかなか休みが取れないから行けないんです~☆
なので、キャバアンディさんのブログで妄想旅行させていただきます(笑)
続き楽しみにしてます~♪

昨日は励ましコメントありがとうございました(^^*)
おかげで元気になりました(^▽^)

Re[1]:京都旅行1日目(11/05)

モコモコ51さん
京都はやっぱりいいところですよ~なんか上品な街ですね☆歴史がいっぱいあるから、歴史好きの私はすごく楽しめました♪
モコモコさんも是非京都にいかれてみては☆
プロフィール

キャバアンディ

Author:キャバアンディ
34歳 主婦
岡山在住

2008年 結婚
2010年 長女サナ誕生
結婚以来、転勤が多く千葉→東京→岡山→ボストン→岡山と転々としています。

☆アンディ
2006/5/19生まれ ♂ 
犬種:キャバリア
人間大好き、犬嫌いのわんこ。
性格は人懐っこくて、やさしい。
でも、風が吹くだけで腰がひけちゃうというビビリな一面も。
訳あって、私達とは離れて暮らしています。

☆サナ
2010/11/18生まれ 長女
10カ月で歩きだして、周りをびっくりさせた子。好奇心旺盛で、かなりのお転婆娘。
只今、第1次反抗期中。

好きなものは、散歩。キティ。「おさるのジョージ」TV

苦手なものは、若い男性。暗闇。


☆パパ
33歳 会社員
家族のために頑張って働くサラリーマン。
海外出張多い。
子育てを手伝うやさしい人。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセス数
カテゴリ
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
ランキング参加バーナー
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
検索フォーム
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。